平成14年7月25日、志布志湾で最大の座礁事故があった。穀物タンカー、コープベンチャーの乗組員のうち、死亡4名、重症3名、軽症12名を出し、燃料の重油が志布志湾を汚染した。台風9号が残した爪痕、座礁船コープベンチャー号の最後を双眼鏡を透して綴った日記です。
 

 

2004年 平成14.7.25(木) 台風9号

7/24
目の前でいつもの貨物船が荷物を下してます。荷物は、米だったり、麦だったり、油粕だったり色々です。船は中国籍だったり、フィリピン船籍、外国船が多いです。
台風9号が来てる為、朝6:00から仕事をしてるとか、みんな昼休み時間も交代でトラックを動かしてサイロへ入れてます。
今日の船はパナマ船籍の貨物船コープベンチャー号36080t・21人乗り組み。貨物の中身はトウモロコシ。
台風9号の為、船は大揺れである。それでも少しでも多くトウモロコシを下したいから皆頑張ってます。
大雨になればハッチを閉め、小雨になれば又ハッチを開け、それの繰り返し、バケットと言う機械(ショベルカーを2ヶくっつけたような形)
この私(株)上組第1サイロの清掃係、その第1サイロの前に大・中・小の貨物船が時々軍艦船も入って来るです。高さ建物にして15階ぐらいの所から見てます。
目の前にビロー島が見える白波が大きすぎて良く島は見えない、志布志大黒リゾート白波が後から後から大きくなって行く!!
私、昔から双眼鏡が好きでいつも持ち歩いている、遠くも見るし月も星も、12/1夜、笑顔の月星も見ました。3年3ヶ月しないと見る事が出来ない珍しい月星です。
チョット横道に逸れましたが!15:00とうとう台風。大雨、風で船が志布志湾内に停泊。
台風9号を避けて志布志湾内に停泊していたパナマ船籍の貨物船コープベンチャー号。17:00タグボートで大崎町菱田川の南西約1600mへ引かれて行く!!

7/25
「7月25日午後9時50分コープベンチャー号21人乗り組員が、大崎町菱田川の南西約1600mの沖で座礁した。」と7月26日テレビで見る。
台風9号の名残はあるけど仕事に来てます。

船が気になりいつものように双眼鏡で見る。『エッー、頭の方か後の方しか見えないです。難破してます。大さわぎです。』
船の中のトウモロコシはどうなったのか乗り組員の人達はと双眼鏡で覗きながら思う。
フェリーあけぼのが志布志湾に寄らずに東京に向かったと言う、それが正解だと今にして思う。

座礁船には保険金が賭けてなくてなんの保証もないとか、そこで(株)上組が少しでも残っているトウモロコシを買い取り、サイロは15階の建物が5サイロである。サイロとは外国船が運んできた物を一時預かる所であります。
座礁船の中にはまだ半分以上残っていたとか、そのトウモロコシを少しでも多く沈む前に荷下ししなくてはならない。多くの人達が荷下しの為小船で行ったり来たり、大船にクレーを乗せてスコップでフレコン1tに入れクレーが吊るして小船に乗せる。
座礁して2日目トウモロコシの中には芽が出かかってる物もあったとか。仕事は長引くばかり。
先生の話にあったように乗り組みの人達はだれもいなくて、船のバランスが悪くて思うように仕事は長引くばかり。
海水に濡れたトウモロコシはサイロの中で芽が出る。乾いた所だけ人間の手スコップで選んで入れるすごい大変な事であります。
いつもだったら天気が良く、今日も暑くなる。それでも何tの貨物船が入っても、いつもの事だから、仕事だからと頑張ってる人達です。でも今回は肝を冷やした事でしょう。
それから1週間座礁船の姿は海の中へ暑い中皆様お疲れ様でした。

私も(株)上組に入って6年始めての事でした。
いつもいつも双眼鏡を覗いてるわけではありません、仕事もしっかりしてます。
外国船が入ると、麻薬、マリファナ色々な物を持ってきて日本人に売る外国人もいます。
外国人で、歩いて行ったのに帰って来た時は自転車で帰って来る外国人もいます。
どのサイロにも常に隠しカメラが動いています。遠くビロー島もはっきり見えます。
今も外国人も通行手形がなくては、志布志の町にも行く事が困難です。
そして志布志の人達も今までは船が入ってない時は釣りを楽しんでたけどフェンスが出来て、手形を持ってなくては岸壁に近づく事も出来なくなってます。

H14.7.23~8.1
外山氏の日記より
乱筆にて

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 099-472-3100

平日
8:00〜17:00
土曜
8:00〜12:00

FAX 099-472-3161