リハビリ科
 

・志布志中央クリニックのリハビリテーション診療は理学療法(脳血管リハビリⅡ)と作業療法(運動器リハビリⅠ)の治療を行っています。
 患者様の個々のニーズを重視しそれぞれに合った、プログラムを立案し、アプローチを行っています。

 
志布志中央クリニックの理学療法とは?
運動療法、物理療法、日常生活動作訓練などを行い、基本動作、移動動作の自立に向けた運動機能訓練を行います。また、車椅子や杖、歩行器などの移動補助具の選択や適合性、指導・実施を行います。
主な対象疾患
整形外科疾患(変形性関節症、外傷、骨折、腰痛など)
内科疾患(脳血管障害、脊髄小脳変形症、パーキンソン症候群)
  
 
志布志中央クリニックの作業療法とは?
食事、更衣、入浴などの日常生活を行うための動作に対する訓練や自助具での介入を行い、運動
機能、作業能力を向上させます。また、自宅復帰後の生活に支障をきたさないように、サポート(退院前訪問指導・住宅改修指導・訪問リハビリ)を家族と一緒に行います。
主な対象疾患
整形外科疾患(肩関節周囲炎、外傷、骨折、リウマチ、末梢神経損傷)
内科疾患(脳血管障害、脊髄小脳変形症、パーキンソン症候群)
 
訪問リハビリ
患者様の症状、家屋構造、介護力などを考慮しながら、リハビリの専門家が訪問し実際の生活の場で行うことの出来る訓練をします。
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 099-472-3100

平日
8:00〜17:00
土曜
8:00〜12:00

FAX 099-472-3161